生命保険のポイント

生命保険は複雑で難しい!とお考えの方に、
当社が日頃扱っている生命保険の代表的なものを
「個人向け」「法人向け」の2種類に分けて簡単にご案内します。

保険種類
特徴及び利用目的
終身保険 死亡・高度障害の保障が一生涯続きます。市場金利に連動して保障額や解約返戻金が増加するタイプや中途解約返戻金を抑えて保険料を低廉化したタイプもあります。
定期保険 死亡・高度障害の保障が一定期間得られます。終身保険と比較して保険料負担は小さくなります。中途解約返戻金を抑えて保険料を低廉化したタイプや遺族の毎月の生活費を保障するといった観点から保険金を年金形式で支給するタイプもあります。
養老保険 保障も資産形成も併せてお望みの方向けです。保険期間中の死亡・高度障害保障額と無事満期を迎えた際の満期保険金は同額です。
こども保険 お子様の成長に合わせて教育資金を準備したい方向けです。契約者である親権者に万一の時の養育年金をお支払いします。お子様のケガや病気を特約で保障することも可能です。
医療保険 ケガや病気で入院した際に保険金をお支払いします。保険期間は有期保障と終身保障の2タイプ。お支払いする病気をガンに限定したガン保険もあります。
個人年金保険 豊かな老後の為の資金を準備されたい方向けです。死亡保障を既払保険料相当額にし、年金額が多くなるように設計されています。
保険種類
特徴及び利用目的
対 象
総合福祉
団体定期保険
従業員が死亡または所定の高度障害状態になった場合、社内の諸規定に基づいて支給する金額を保険金でお支払いします。入院を保障するものや従業員の死亡により企業の経済的損失を保障する特約もあります。1年更新。 役員/
従業員
養老保険 従業員が死亡した場合、直接遺族に死亡弔慰金として保険金をお支払いします。無事満期を迎えた場合は退職金等の計画的な財源確保に利用できます。法人経理処理上のメリットがあります。 役員/
従業員
長期傷害保険 従業員の不慮の事故による死亡や身体障害状態を保障します。疾病が不担保なので加入手続きが簡単です。保険期間は終身。 役員/
従業員
100歳
定期保険
役員が死亡した場合には法人の死亡退職金・弔慰金の財源に利用でき、勇退時には解約返戻金を退職慰労金の財源として活用できます。一定期間の解約返戻金を抑え、保険料を低廉化したタイプもあります。 役員

※本記載は、2014年10月現在の税制に基づく一般的な取扱について記載しています。
    税法上の取扱が税制改正などで変更となることがありますので、ご注意ください。
    また、個別の取扱等につきましては、所轄の税務署等にご相談ください。

日本橋写真1
日本橋写真2
日本橋写真3
このページの上へ